デジタル庁

デジタル庁の公式アカウントです。 デジタル庁の政策、働く人々、組織文化などをご紹介します。

デジタル庁

デジタル庁の公式アカウントです。 デジタル庁の政策、働く人々、組織文化などをご紹介します。

マガジン

  • デジタル監の部屋

    デジタル監による記事です。

  • 職員/チーム紹介

    デジタル庁で働く職員を紹介する記事です。

  • 組織文化

    デジタル庁の組織文化についての記事です。

  • リーダーシップ

    デジタル庁をリードするリーダーシップをご紹介します。

  • リリースノート / FAQ

    デジタル庁のリリースノート / FAQ関連の記事です。

リンク

最近の記事

政府の取組をデータで誰もが分かりやすく。マイナンバーカードの「政策データダッシュボード」公開に込めた想い

デジタル庁は12月19日、マイナンバーカードの有効申請件数の状況などが一目で分かる「政策データダッシュボード」(ベータ版)を公開しました。 このダッシュボードでは、国内人口における普及率、週次・の申請人数に加えて、健康保険証との紐付けや公金受取口座の登録を行っているマイナンバーカードの数が分かります。 「誰もが分かりやすい形で公開することで、データを見るのが『楽しい』と思ってもらえたら嬉しいです。そして、デジタル庁としては政策における進捗の透明性を確保することで、政策に関

    • デジタル監の四半期報告。利用者にとって「やさしい」サービスの実現に向けて

      デジタル監の浅沼です。 就任後、8月にサービス組織、9月には設立1年の成果と進捗について記者会見で話しました。その中で、生活者視点のやさしいサービスづくり、官民の境目のない一体感のある組織づくりに注力することを約束しました。 12月19日の報告会では、生活者視点のサービスづくりに関連した取り組みとして、「サービス開発ガイド提供と情報のオープン化」「民間事業者との協業推進」「生活者向けのサービス拡充」について説明しました。 今回の記事では、新しくリリースした「マイナポータ

      • 「同じビジョンを持ち、支えあう組織に」 統括官の仕事にかける想い(2)

        デジタル庁では、ミッション・ビジョン・バリュー(MVV)を大切にしながら業務に向き合っています。先日は、より素晴らしい姿勢で業務に取り組む職員を表彰する「MVV Award」で各賞を受賞したメンバーを紹介しました。 今回は、MVV Awardと同じくインナーコミュニケーション施策として行った、入庁したばかりの若手職員による統括官インタビューを紹介します。 デジタル庁にある4つのグループにおいて、それぞれのトップを務めているのが統括官です。今回、話を聞いたのは、国民向けサー

        • 「常に目的を問い、優先順位を明確に」 統括官の仕事にかける想い(1)

          デジタル庁では、ミッション・ビジョン・バリュー(MVV)を大切にしながら業務に向き合っています。先日は、より素晴らしい姿勢で業務に取り組む職員を表彰する「MVV Award」で各賞を受賞したメンバーを紹介しました。 今回は、MVV Awardと同じくインナーコミュニケーション施策として行った、入庁したばかりの若手職員による統括官インタビューを紹介します。 デジタル庁にある4つのグループにおいて、それぞれのトップを務めているのが統括官です。今回、話を聞いたのは戦略・組織グル

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • デジタル監の部屋
          デジタル庁
        • 職員/チーム紹介
          デジタル庁
        • 組織文化
          デジタル庁
        • リーダーシップ
          デジタル庁
        • リリースノート / FAQ
          デジタル庁
        • GovtechMeetupイベントレポート
          デジタル庁

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          アクセシビリティを万人のものとするために。専門チームが行った4つの取組

          デジタル庁のアクセシビリティチームです。私たちは、アクセシビリティ向上のための仕組み作りを行う民間人材の専門チームとなっています。3名で構成されており、そのうち2名は視覚に障害のある当事者です。 前回はアクセシビリティの考え方や私たちの業務をご紹介しました。今回は、これまで私たちが取り組んできたことを紹介できればと思います。 技術的な内容や規格などの詳細は割愛して、できるだけわかりやすくお伝えしますので、リラックスしてお読みいただけたら嬉しいです。 1.PDFの内容を正

          はじめまして。デジタル庁のアクセシビリティチームです

          みなさん、はじめまして。デジタル庁のアクセシビリティチームです。 私たちはデジタル庁にて、アクセシビリティ向上のための仕組み作りを行う民間人材の専門チームです。3名で構成されていて、そのうち2名は視覚に障害のある当事者です。この記事では、そんな私たちの取組や、アクセシビリティへの考え方などについてご紹介したいと思います。 (※記事冒頭、アイキャッチ画像の説明:「アクセシビリティの取組 1/3 はじめまして、デジタル庁アクセシビリティチームです」画像の左側には、アクセシビリ

          「事業者でも、行政職員でもなく、あくまで国民のための調達システムを」 MVP受賞者対談⑤

          デジタル庁ではミッション・ビジョン・バリューを大切にしながら、日々業務に向き合っています。そこで、より素晴らしい姿勢で業務に取り組む職員を表彰すべく、MVV Awardという施策を始めることにしました。 今回は、MVV Awardとはどのような施策なのか、「Startup Award」を受賞した調達支援改革チームの門馬圭一さん、成島大輔さん、玉置亮さん、岸井涼さんの取り組みを紹介したいと思います。 MVV Awardとは組織文化醸成を目的に、デジタル庁のミッション・ビジ

          「ユーザーの声を聞き、改善し続けることを大切に。ワクチン接種証明書アプリ」 MVP受賞者対談➃

          デジタル庁ではミッション・ビジョン・バリューを大切にしながら、日々業務に向き合っています。そこで、より素晴らしい姿勢で業務に取り組む職員を表彰すべく、MVV Awardという施策を始めることにしました。 今回は、MVV Awardとはどのような施策なのか、「Best Service Award」を受賞したVRS(ワクチン接種記録システム)プロジェクト、ワクチン接種証明書アプリの開発に携わった国民向けサービスグループの壇耕平さん、眞弓隆浩さん、三宅翔太さんの取り組みをご紹介し

          「行政サービスが便利になった!と感じられる未来のために」 MVP受賞者対談③

          デジタル庁ではミッション・ビジョン・バリューを大切にしながら、日々業務に向き合っています。そこで、より素晴らしい姿勢で業務に取り組む職員を表彰すべく、MVV Awardという施策を始めることにしました。 今回は、MVV Awardとはどのような施策なのか、また個人賞を受賞したデジタル社会共通機能グループの丸尾さん、国民向けサービスグループの米山さんの取り組みについてご紹介したいと思います。 MVV Awardとは?組織文化醸成を目的に、デジタル庁のミッション・ビジョン・バ

          「双方の立場における着地点を模索する」MVP受賞者対談②

          デジタル庁ではミッション・ビジョン・バリューを大切にしながら、日々業務に向き合っています。そこで、より素晴らしい姿勢で業務に取り組む職員を表彰すべく、MVV Awardという施策を始めることにしました。 今回は、MVV Awardとはどのような施策なのか、また個人賞を受賞した省庁業務サービスGの細川さん、大臣秘書官の柳生さんの取り組みについてご紹介したいと思います。 MVV Awardとは?組織文化醸成を目的に、デジタル庁のミッション・ビジョン・バリューを体現した組織と個

          「仲間たちが活躍できる環境をつくりたい」MVP受賞者対談①

          デジタル庁ではミッション・ビジョン・バリューを大切にしながら、日々業務に向き合っています。そこで、より素晴らしい姿勢で業務に取り組む職員を表彰すべく、MVV Awardという施策を始めることにしました。 今回は、MVV Awardとはどのような施策なのか、また個人賞を受賞した戦略・組織グループの鴨川さん、国民向けサービスグループの下江さんの取り組みについてご紹介したいと思います。 MVV Awardとは組織文化醸成を目的に、デジタル庁のミッション・ビジョン・バリューを体現

          デジタル庁設立から1年。組織づくりと今後の取り組み(3/3)

          デジタル監の浅沼です。 2022年9月1 日、デジタル庁が設立されてからちょうど1年を迎えました。今回は前々記事、前記事につづき、組織づくりと今後の取り組みについてご紹介したいと思います。 組織づくりの工夫と取り組みデジタル庁では、この1年間で官民の境目のない新しい組織になることを目指し、改革を進めてきました。その活動は、組織体制づくり、文化づくり、働く環境づくりに分けられます。 具体的には、機動的な組織体制をつくるため、通年採用の実施、プロジェクト制の導入、専門人材を集

          デジタル庁設立から1年。16の施策の活動成果と進捗(2/3)

          デジタル監の浅沼です。 2022年9月1 日、デジタル庁が設立されてからちょうど1年を迎えました。今回は前記事につづき、具体的に実施してきた16の施策の活動成果と進捗について振り返ろうと思います。 デジタル庁の16の施策と進捗1.マイナンバーカードの普及 マイナンバーカードを利用することによって一人ひとり最適な行政サービス、また、民間サービスを利用できるといった仕組みづくりを進めています。 現在、国民の約半数の方々がマイナンバーカードを所有しているのですが、今後は行政サ

          デジタル庁設立から1年。活動方針と特徴的な活動(1/3)

          デジタル監の浅沼です。 2022年9月1 日、デジタル庁が設立されてからちょうど1年を迎えました。そこで、これまでの1年を振り返りながら、ここまでやってきたことの総括、また活動方針について皆さまへ共有させていただきます。 デジタル庁の活動方針についてまずは活動方針についてです。 デジタル庁は設立以来、「誰一人取り残されない、人に優しいデジタル化を。」というミッションを掲げ、一人ひとりの多様な幸せを実現するデジタル社会を目指して日々活動を行ってきました。 また、ビジョンとし

          やさしいサービスをすばやく届ける、デザインシステムの取り組み

          デジタル庁サービスデザインユニットでは、一貫したデザインや操作性でウェブサイトやアプリを提供するための仕組み「デザインシステム」の構築に取り組んでいます。 デジタル庁発足から1年が経ち、ようやくデザインシステムの基礎が整いつつあります。この夏には、デジタル庁内のいくつかのプロジェクトでデザインシステムの適用が始まりました。わたしたちの活動をもっとオープンに知ってもらいたい!という想いを込めて、デザインシステムの取り組みの近況をお伝えします。 サービスデザインユニットの役割

          デジタル監就任3ヶ月。サービス開発とチームづくりについて

          デジタル監の浅沼です。 デジタル監に就任してから約3ヶ月。皆さんが直接使うサービスと、それを開発、提供するチームづくりに注力してきました。それと並行して、現在進行している200以上あるプロジェクトの再確認や目標設定の再定義をおこなっています。デジタル庁の担う範囲が広く、デジタル庁がフォーカスすべき領域を定義することが予想以上に難しいことがわかってきました。 今日は、開発中のサービスからマイナポータルのリニューアルについてと、チームづくりの進捗について皆さんに共有します。