マガジンのカバー画像

リーダーシップ

10
デジタル庁をリードするリーダーシップをご紹介します。
運営しているクリエイター

記事一覧

「誰一人取り残されない」本当の意味とは 政務官インタビュー②

デジタル庁を牽引するリーダーたちに聞く、インタビューシリーズ第三弾。前編後編に分けて、政務官の山田太郎から、デジタル化について、情報活用によって社会がどのようによりよくなっていくのかを語ります。 マイナンバーは「監視」か「防犯」か?マイナンバーというと、よく分からないがゆえに、「管理される」「怖い」と捉えてしまいがちです。こうした点をどのようにお考えでしょうか。 山田政務官: まず、プライバシーの問題をきちんと考える必要があります。個人情報保護法は、マイナンバーと並行して

スキ
30

「データを駆動し、より良いデジタル社会に向けて」政務官インタビュー①

デジタル庁を牽引するリーダーたちに聞く、インタビューシリーズ第三弾。前編後編に分けて、政務官の山田太郎から、デジタル化について、情報活用によって社会がどのようによりよくなっていくのかを語ります。 デジタルはライフスタイル、ライフサイクルに寄り添うツールまずデジタル化に関して大切だと思われていることをお話しいただければと思います。 山田政務官: デジタルに関しては「目的」と「手段」両方の話があると思います。 まず目的の話からしましょう。目的というのは、私たちが「こういう目的

スキ
37

「デジタル臨調の役割」副大臣・小林史明が語る④

デジタル庁を牽引するリーダーたちに聞く、インタビューシリーズ第二弾。 4回に渡り、副大臣の小林史明がデジタルによる改革、デジタル臨調、デジタル社会のリーダーシップなどについてを語ります。本記事は第四回目です。 DX・規制改革・行政改革に、三位一体で取り組む2021年11月に発足し、現在、小林副大臣が事務局長を務めている、「デジタル臨時行政調査会」の活動について改めてご紹介ください。   小林: “デジタル臨調”は、DX(デジタルトランスフォーメーション)・規制改革・行政改革

スキ
48

「デジタル庁の仕事」副大臣・小林史明が語る③

デジタル庁を牽引するリーダーたちに聞く、インタビューシリーズ第二弾。 4回に渡り、副大臣の小林史明がデジタルによる改革、デジタル臨調、デジタル社会のリーダーシップなどについてを語ります。本記事は第三回目です。 デジタル化すると何がいいのか「テクノロジーの社会実装で、多様でフェアな社会を作る」を政治信条にしている小林副大臣がDXについて普段考えていることや、よりよい社会・未来像を提言する際に意識していることは何でしょうか。   小林: まだまだ「デジタル化を進めること=スマー

スキ
41

「デジタル社会のリーダーシップ」副大臣・小林史明が語る②

デジタル庁を牽引するリーダーたちに聞く、インタビューシリーズ第二弾。 4回に渡り、副大臣の小林史明がデジタルによる改革、デジタル臨調、デジタル社会のリーダーシップなどについてを語ります。本記事は第二回目です。 ツールとしてのデジタルと、個々人の力をどう活用するかワクチン接種記録システム(VRS) プロジェクトの例など、デジタル化により仕事の進め方や組織運営が変わりつつあるという話題が前回ありました。フラットに情報共有ができる組織において工夫されたことや、プロジェクトを成功に

スキ
38

「デジタルで社会変革を加速する」副大臣・小林史明が語る①

デジタル庁を牽引するリーダーたちに聞く、インタビューシリーズ第二弾。 4回に渡り、副大臣の小林史明がデジタルによる改革、デジタル臨調、デジタル社会のリーダーシップなどについてを語ります。 テクノロジーの社会実装で、多様でフェアな社会を作る小林副大臣は通信会社を経て政治家に転身し、現在はデジタル副大臣兼内閣府副大臣としてデジタル化、規制改革、行政改革に取り組んでいらっしゃいます。DX(デジタル・トランスフォーメーション=デジタルによる改革)に取り組むにあたり、重要視しているこ

スキ
56

「誰もが挑戦し、学び続ける社会へ」大臣インタビュー④

本シリーズはデジタル庁がどのようにデジタル社会実現に向けて、動いていくのか。デジタル庁を牽引するリーダーたちに聞く、インタビューシリーズです。第一弾は牧島かれん大臣です。本記事は第四回目となります。 自身が学び続け、新しいことに好奇心を持ち続けるデジタル庁が掲げるミッション「誰一人取り残されない、人に優しいデジタル化を。」の実現に向けて、国民一人一人に期待したいこと、デジタルに取り組んでほしいことなど、大臣の思いをお聞かせください。 牧島大臣: 一人一人が新しいことに挑戦

スキ
28

「まずはなんでも自分がやってみる」大臣インタビュー③

本シリーズはデジタル庁がどのようにデジタル社会実現に向けて、動いていくのか。デジタル庁を牽引するリーダーたちに聞く、インタビューシリーズです。第一弾は牧島かれん大臣です。本記事は第三回目となります。 デジタルツールは「習うより慣れろ」牧島大臣は個人的に、分からないことを調べるときに、どのように調べますか。Google検索などでしょうか。 牧島大臣: Google検索のほか、最近は、YouTubeも使います。色々な方が、使い方動画を出していますね。解説動画を見比べるのも面白

スキ
35

「日本はまだ前に進める、成長できる」大臣インタビュー②

本シリーズはデジタル庁がどのようにデジタル社会実現に向けて、動いていくのか。デジタル庁を牽引するリーダーたちに聞く、インタビューシリーズです。第一弾は牧島かれん大臣です。本記事は第二回目となります。 日本はまだ前に進める、成長できるデジタル化が進んでいった先に、どんな社会、日本になっていくといいと思いますか? 牧島大臣: 失われた10年、20年、30年。経済の成長の実感がないまま大人になった世代が多いって言われていますよね。私は1976年生まれなんですけど、バブルはなんと

スキ
38

「デジタルは社会全体のチャンスを広げる」大臣インタビュー①

本シリーズはデジタル庁がどのようにデジタル社会実現に向けて、動いていくのか。デジタル庁を牽引するリーダーたちに聞く、インタビューシリーズです。第一弾は牧島かれん大臣です。 有事の安心をデジタルによって提供する牧島大臣はデジタル大臣以前からデジタル政策を自民党の事務局として担ってきたととのことですが、デジタルで暮らしや社会をより良くするために、どんなことを大切に考えていらっしゃいますか? 牧島大臣: まず、デジタルによって国民が恩恵を感じることができるようにすることが大切だ

スキ
57